ワックスモデリング

新作のリングの原型が完成しました。

蹄の裏モチーフのリング

今回のリングはワックスモデリングという手法で作っています。
ワックスといわれるロウを削って原型を作り、これを石膏で包み、火にかける。するとロウが流れ出してリングの形の空洞ができるので、そこに溶かした金属を流し込み、ワックス原型が金属になります。この一連の工程をキャスト(鋳造)と言います。
キャストは失敗するとワックス原型を作り直さないといけなくなるので、専門業者さんにお願いしています。
自分でやる方もいますが、専門業者さんにお願いしている作家さんの方が多いと思います。

ワックス加工は、削り過ぎてもワックスを盛って修正できたり、ワックスモデリングだからこそできるデザインもあるので、メタルメイキングと両方できるようになることをおすすめします。

ワックス加工は最初はおおざっぱにザックリ削り、だんだんと完成形に成形していきます。

蹄の裏モチーフのリング
蹄の裏モチーフのリング
蹄の裏モチーフのリング
蹄の裏モチーフのリング
蹄の裏モチーフのリング

最後は爪楊枝で表面の傷を取って、ティッシュペーパーでサッと磨いてなめらかにしています。

他にも新作を考え中なので、そちらもでき次第キャストに出そうと思います。

コメント送信

*
*
* (公開されません)